Microsoft Office / Windows 10

Microsoft Office / Windows 10

KMSpicoを使うとMicrosoftのOfficeをクラックできます。
KMSpicoはWindowsのOSもクラックできるので、ライセンス認証されていないWindowsを使用する場合にも使えますよ。

インストールされるアプリ一覧

Microsoft Office Professional Plus 2016でインストールされるアプリは下記の通り。
「Plus」は「Standard」に加えてAccessが利用可能になったバージョンです。

  • Word
  • Excel
  • PowerPoint
  • Outlook
  • OneNote
  • Publisher
  • Accsess

Microsoft Office Professional Plus 2016をインストールする

正規版のMicrosoft Office Professional Plus 2016を下記からダウンロードします。
ダウンロードされた ProPlusRetail.img をダブルクリックすると仮想ドライブにマウントするので、その中にあるSetup.exeを実行するとインストールされます。

KMSpicoをダウンロードする

KMSpicoをダウンロードして解凍します。

アプリをクラックする

KMSpico_setup.exeというファイルを実行してインストールします。
インストールすると赤いボタンが押せるようになるので、それを押すとクラックされます。

ただし、クラックされるのは180日間のみとなりますので、180日後には再度クラックが必要となります。

180日経過後に再度クラックする方法

一般的には下記の場所にKMSpicoがインストールされていますので、そのフォルダにある KMSELDI.exe というファイルを実行して赤いボタンをクリックすると、再度クラックできます。

Windowsのセキュリティにより KMSELDI.exe というファイルが消えてしまう場合がありますので、インストールしたのに見つからない場合は、KMSpicoを再度ダウンロードしてインストールし直してください。

  • 販売価格:¥ 11,581
  • メーカー:マイクロソフト
  • 販売者:Amazon.com Int’l Sales, Inc.

この記事も読まれています

  • Adobe Creative Cloud until 2018 Adobe Creative Cloud until 2018 - 2018年10月15日にAdobe Creative Cloud 2019が公開されましたが、2019ではAdobeがumtilb.dllというファイルを削除し...
  • ヒラギノ基本6書体 ヒラギノ基本6書体 - MacやiPhoneに搭載された美しい日本語のフォント、ヒラギノの基本6書体セットです。 Windowsで動作を確認しています。 フォントとウェイト...

コメント

*