ウィキメディア財団に寄付して思ったこと

ウィキメディア財団に寄付して思ったこと

何かの調べごとをしててウィキペディアを開いたら、例のごとく尋常じゃないくらいのアピールで寄付してくださいよボタンが出てたので寄付したんです。

で、寄付したのは良いんですが、その後にメールが届いたのでそれについて思ったことです。

ちなみにメールはこんな内容。

このたびは、ウィキペディアとウィキメディア財団へのご支援を頂きありがとうございました。あなたのご寄付はウィキペディアを支え、誰もがアクセスできる自由な知識の未来の確保のために役立ちます。

ウィキペディアは力強い考え方のおかげで実現できています。その考え方とは、世界の知識の構築、そして誰もがどこからでもその知識に自由にアクセスできるようにする作業に、あなたや私のような人たちが参加できるということです。

いまあなたがウィキペディアを何時間でも読んでいられるのは、何百万人というボランティアの寄稿者や支援者のおかげです。ウィキペディアの記事数は4000万件以上、自由利用が許可された画像数は3500万以上あり、ウィキペディアはほぼどのような疑問にも答えることができ、今までに経験したことのない世界へと皆さんをいざないます。

皆さんの寄付は、自由な知識を現実的で実践的な方法で作成、共有するために使われます。ウィキペディアを、早く、安全に、世界中の誰もがアクセスできるようにするために。データ通信料金が高く、インターネットアクセスが難しい地域でも、無料でウィキペディアにアクセスできるように。アナログアーカイブに閉じ込められた知識のデジタル化に努力する人たちを支援するために。開かれたインターネットを脅かす脅威からウィキペディアを守り、自由な知識を守るために。

皆さんのご支援は、あなたがどこにいようとも、今必要な情報を見つけることができるようになることを意味します。例えば、ディナーパーティで友達と賭けをしてWikipediaで正解を得て決着をつけたり、私たちを囲む世界を理解するために使ったりできます。

Wikipediaに寄付いただくことは、この強固なアイデアを擁護していただくことです。

ウィキペディアは今後も、進化し、成長し、新しい課題に立ち向かっていきます。私たちは、こうした課題の克服に奮い立ち、さらに前進していこうと考えています。皆さんの寄付がその支えとなります。皆さんのご支援にどんなにお礼を言っても言いつくせません。私たちの将来への投資と、私たちとともに旅をしてくださる皆さんに、ウィキメディア財団を代表して感謝申し上げます。

メールなっがー!

というわけで、これ寄付した人に送るメールじゃなくて寄付してほしい人に送るメールだと思うんですよね。

なんでどうしてこうなったかは分からないですが、一度考え直したほうがいいですよウィキメディアさん。

寄付は詳細を知らなくても直感的にする人が多いと思うので、わざわざ寄付をしてくれた人に長々とメールを送るのは失礼かなと。そう思ったのです。

「あなたの寄付でまた運営が続けられるよ!ありがとう!」くらいシンプルなことのほうがいいよねーっていう、そういう話でした。

この記事も読まれています

コメント

*
*
* (公開されません)