【ポケモンGO】[v0.83.1] いよいよ実装される第3世代とアプリのアップデートまとめ

【ポケモンGO】[v0.83.1] いよいよ実装される第3世代とアプリのアップデートまとめ

ポケモンGOのアプリ(ver.0.85.1)が配信されて第3世代の大幅追加や天気機能追加など大型のアップデートになりましたので、そのまとめです。

  1. 第3世代が新たに50種類以上登場
  2. 現実の天気とリンクする天候機能が追加
  3. ジム戦のUIが左手仕様に変更
  4. ポケモンボックスが1,500まで拡張可能
  5. さいごに

第3世代のポケモンが新たに50種類以上登場

2017年10月21日から11月2日まで開催されたハロウィンイベントで、ヤミラミ、カゲボウズ、ジュペッタ、ヨマワル、サマヨールの5種類が先行で実装されていますが、新たに50種類のポケモンが追加になります。

トレーナーの皆さん、今週末から、キモリ、アチャモ、ミズゴロウなど、『ポケットモンスター ルビー・サファイア』の舞台である「ホウエン地方」で見つかる50匹以上のポケモンたちが新たに登場します。

公式の動画で大興奮しましたよね。

現実の天気とリンクする天候機能が追加

現実の天気がポケモンの出現やわざの効果に影響するようになります。
また、天気の影響で出てきたポケモンを捕まえると、ほしのすなも多くもらえるようです。

ゲーム画面は周囲の天気に合わせて変化し、その天気状況によって「ちかくにいるポケモン」に変化があらわれます。雨の日には、水タイプのポケモン「ミズゴロウ」に会える可能性が高くなるなど、天気によってトレーナーの皆さんが遭遇するポケモンが変わります。また、この天気と連動する機能は、ポケモンの繰り出す「わざ」にも影響するようです。

天気の機能はポケットモンスタールビー/サファイアで実装されたシステムらしく、それがポケモンGOでも第3世代に合わせてリリースされるようです。

おしゃれなことしますねー。

ジム戦のUIが左手仕様に変更

公式からのアナウンスはありませんが、ジムバトルのUIが変更になっています。逃げるボタンが右上に、わざゲージが下に、「効果はばつぐんだ!」や「よけた!」などの効果表示は右にまとめられて小さくなりました。
左利きのぼくにはめっちゃ良い仕様変更なんですけど、右手でスマートフォン持ってる人には改悪になってるようです。

表示位置を選べるようにしたほうが良いのに。

ベータ版:バトルパーティーシステムが実装

また、ジムやレイドで使うポケモンを事前設定しておける「バトルパーティー」システムも追加されるようです。

ジムやレイドでバトルする時の手持ちのポケモン6匹までを1パーティとし、5つまでのパーティを保存できるようになりました。
開発チームより:「バトルパーティ」とは、手持ちのポケモン6匹を1パーティとして保存できる機能です。パーティは最大5つ組まで保存できます。そのときの天気や、相手のポケモンのタイプにあわせて、対応するポケモンの組み合わせをパーティとして保存し、素早く選んでバトルに参加できるようになります。

毎回選ぶのが面倒だったのでこれは嬉しいですね。ちなみにこの機能はベータ版のままリリースされるようで、ベータ版では「バトルパーティー」のデータが端末に保存されるようです。
正式版はクラウドに保存されるので良いのですが、機種変更する場合や同じアカウントで複数の端末を使っている場合は注意しましょう。

ポケモンボックスが1,500まで拡張可能

現在1,000匹まで登録できるポケモンボックスが1,500まで拡張可能になるようです。さらに無料で50スロットが追加となります。

捕まえたポケモンを所持しておけるポケモンボックスの容量が最大1,500に増えました。ポケモンボックスの容量は、ゲーム内「ショップ」で「ポケモンボックスアップグレード」を購入することで、増やすことができます。今回のアップデートを記念して、トレーナーの皆さん全てに50の追加スロットをプレゼントします!

わーい!

さいごに

というわけで、第3世代が大幅に追加されたり色々な機能が追加されたりして、またポケモンGOが楽しくなりそうですねー!

この記事も読まれています

コメント

*
*
* (公開されません)