【ポケモンGO】検索を使いこなせ!ポケモンボックスでスムーズに目的のポケモンを表示する

【ポケモンGO】検索を使いこなせ!ポケモンボックスでスムーズに目的のポケモンを表示する

検索機能を使ってスムーズにポケモンをセグメントしましょう!

iPhoneでの検索方法

iOSのiPhone/iPadでは2017年12月30日現在でも日本語での検索ができないので、IMEを変更する必要があります。
おすすめはGoogle謹製のGboardですが、他にもSimejiやATOKでもできるかもしれません。やってみてみて。試してみてみて。

v0.97.2でiOSでもGboardを使わずに検索ができるようになったようです。

  1. 進化できるポケモンを検索する
  2. 図鑑番号で検索する
  3. タイプで検索する
  4. 進化前/進化後を全て検索する
  5. わざで検索する
  6. CPで検索する
  7. 複数条件で検索する(OR検索)
  8. 複数条件で検索する(AND検索)
  9. 小技:カントー、ジョウト、ホウエン地方のポケモンをそれぞれ検索する

検索ボックスに「進化」と入れることで、進化が可能なポケモンを全て表示します。

ポケモンは図鑑番号でも検索できます。
ポッポの場合は016ですね。

名前でも検索できる

当たり前っちゃ当たり前なんですが、もちろんポケモンの名前でも検索できます。

検索ボックスに「かくとう」などのタイプを入れることで、ポケモンタイプにセグメントをかけて検索ができます。

進化できるポケモンを全てを検索する場合は「+ポケモン名」で検索できます。

分かりにくいですが、例えば「+ミニリュウ」と検索すると、ミニリュウとその進化先のハクリュー、カイリューにセグメントがかけられますよ。

わざで検索する場合は検索ボックスに「@+わざ名」で検索できます。
下記の場合はハイドロポンプを覚えているポケモンがセグメントされます。

CPを指定して検索できます。

CPで範囲を指定して検索する

「CP2000以上で3500以下」と範囲を指定する場合は、下記のようにハイフン(-)で指定します。

CPで上限を指定せずに検索する

「CP1000以上」と上限を指定せずに検索する場合は、ハイフンの後ろに何も入れずに検索します。

CPで下限を指定せずに検索する

「CP1000以下」と下限を指定せずに検索する場合は、ハイフンの前に何も入れずに検索します。

カンマ(,)区切りで検索ができます。
カンマは「OR検索」なので「ほのおタイプとこおりタイプのポケモンを検索したいしたーい!」という場合は下記のようにします。

これでほのおタイプか、こおりタイプが検索できます。

アンド(&)区切りで検索ができます。
アンドは「AND検索」なので「ハイドロポンプを覚えていて、みずタイプで、さらにCP2000以上のポケモンを検索したい!したすぎる!」というときに便利です。

ポケモンが増えるとポケモンボックスをスクロールするのも大変なので、それぞれを区分けしておくのがおすすめです。
例えばカントー地方のポケモンの図鑑番号であれば1番から151番、ジョウト地方であれば152番から251番なので、それをスマートフォンの辞書に登録しておくと便利ですよ。

この記事も読まれています

コメント

*