【ポケモンGO】使ってる人も多いけど実際は? 1年使って分かったポケモンGOプラスのデメリット

【ポケモンGO】使ってる人も多いけど実際は? 1年使って分かったポケモンGOプラスのデメリット

ポケモンGOプラスはポケモンGOを楽しむにはとっておきのアイテムですが、やはりデメリットも存在するのが世の常です。
そこでポケモンGOプラスを実際に使って分かったデメリットをご紹介しますよー。




ポケモンGOプラスでできること

ポケモンGOプラスでは基本的に「ポケモンを捕まえること」と「ジムとポケストップのディスクを回すこと」ができます。
また、スマートフォンをスリープ状態にしていてもポケモンGOの距離がカウントされるので、タマゴの孵化や相棒ポケモンからアメを貰ったりすることが可能です。

メリットはこれくらいなので、肝心のデメリットを見ていきましょう!

ボタン電池を使う

ポケモンGOプラスにはCR2032というボタンタイプの電池を使用するので、プレイスタイルによっては1週間ももたないこともあります。
安い電池であれば2個で100円ほどのものもあったり、まとめて買うならAmazonでセット売りがありますが、それでも経済的ではありません。

ちなみにCR2032はCR2032ってどんな電池?主要メーカ7社の比較まとめという記事によるとパナソニックが良いようです。

CR2032は、パナソニックです。

USBから充電ができる「Pocket Energy」

非公式のツール「Pocket Energy」というものもあります。これはポケモンGOプラスの本体にセットすることで、ポケモンGOプラスを電池式から充電式にすることができます。
ボタン電池を使うことがないので経済的なのがメリットと言えますが、いかんせん非公式のツールなので、ポケモンGOプラスが壊れたりすることもあるかも。

ぼくは使ってませんし今後使う予定もありませんが、評価が高く不具合も少ないようですので思案してみても良いかもしれません。

接続は1時間で切れる

ポケモンGOプラスはスマートフォンとBluetoothで接続しますが、この接続は1時間で切断される仕様になっています。
スマートフォンをスリープにして歩いていて、ポケモンGOプラスの反応がないので確認してみると接続が切れていたなんてこと、多々あります。

また、電池が少なくなっている状態でも切断されやすくなります。

ボールは選べない

ポケモンGOプラスではモンスターボールしか使えないので、スーパーボールやハイパーボールを持っていても使うことができません。
もちろん「ズリのみ」や「パイルのみ」などの「きのみ」も使えません。

どんなポケモンにもモンスターボール1球のみの勝負となります。

優先はポケモンのみ

ポケモンとポケストップに反応するポケモンGOプラスですが、ポケモンが多く出現しているとポケモンの反応が優先されるので、ポケストップに反応しなかったり反応してもアイテムが取得できないことがあります。
そのため、ポケストップが多い場所でもモンスターボールが枯渇することもあります。

意外に高い

そもそもなんですけど、定価は3,500円(税抜き)です。
もう少し安くても良いと思うんですけど、そこらへんどうにかならないですかね。

ネタ:「ポケットオートキャッチ」

ポケモンGOプラスはランプが点滅してから手動でボタンを1回だけ押すことで動作しますが、それすらも面倒なトレーナーには「ポケットオートキャッチ」があります。
USBで充電できて見た目もスタイリッシュ(?)、さらにポケモンやポケストップに反応するとボタンを押すことなく自動でキャッチしてくれるという夢のようなアイテムです。
製作しているのはウェブサイトも持っていないInternational Brook Gamingというよく分からない会社(団体?)で、もちろん非公式のアイテムです。

お年玉が余っていて近日中に使わないと死ぬとかいう呪いにかかっているなら買ってみても良いかもしれませんね!

ちなみに非公式のアイテムなので、ポケモンGOのアップデートでいきなり使えなくなる可能性は高いです。

ちなみに探せば似たような商品がたくさん見つかりますが、中身はどれも同じですよ。

さいごに

というわけで、メリットばかりが取り上げられがちなポケモンGOプラスのデメリットをご紹介しました。
これだけのデメリットがあるにも関わらず、やはり使わない生活が考えられないほど便利なアイテムです。



コンビニなどでも手軽に買えるようになったので、ポケモンGOを存分に楽しみたいならぜひ購入してみてはどうでしょうー?



この記事も読まれています

コメント

*