【ポケモンGO】[v0.89.1] バグフィックスや小さなアップデートがメインに。0.89.1バージョンアップまとめ

【ポケモンGO】[v0.89.1] バグフィックスや小さなアップデートがメインに。0.89.1バージョンアップまとめ

現在のポケモンGOは新型コロナウイルスの世界的な影響により下記の特別仕様でゲームがプレイ可能となっています。

  • EXレイドバトルへの招待は中止になっています。
  • ジムやポケストップに触れられる距離が通常の2倍。
  • 1日で最初に捕まえたポケモンのデイリーボーナスが通常の3倍。
  • ギフトの所持数が20個に、さらにギフトを開封できる数が30個まで増加。
  • 「おこう」の効果時間が1時間に延長。
  • 「ふかそうち」の距離が1/2に。
  • ポケストップからのギフトの排出率がアップ。
  • 野生のポケモンの出現率がアップ。

ポケモンGOのアプリ(ver.0.89.1)が配信されました。大きな機能追加などは無いものの、ポケモンボックスが上に戻されてしまうバグの修正もされてますよ。




起動画面のデザインが変更に

定期的に変わる起動画面が変更になりました。以前のクリスマス仕様から2018と入ったデザインへと変更になりました。

色違いポケモンが分かりやすく

ポケモンボックスでは色違いのポケモンにアイコンが付くようになりました。ピカチュウなど色違いが分かりにくいポケモンには良いですね。

ポケモンずかんでは地域ごとの表示ができるように

カントー、ジョウト、ホウエンそれぞれポケモンの表示ができるようになりました。
これポケモンボックスでできれば便利なんですけどね。

最後に使用したボールが記憶されるように

今まではスーパーボールやハイパーボールでポケモンを捕まえてもモンスターボールがデフォルトとしてセットされていましたが、アップデート後は最後に使用したボールが記憶されるようになりました。

その他バグフィックスなど

公式でアナウンスされているものです。

  • 手持ちのポケモンの一覧で、進化させたとき、博士に送ったとき、ポケモンにニックネームをつけたときに一覧のトップへ戻ってしまう不具合を修正 -ポケモン図鑑で「ポケモンが発見されたゲーム上の地方」(カントー、ジョウト、ホウエンなど)によってポケモンを並べ替える機能を追加
  • 「ふかそうち」を選ぶときの表示順序を修正
  • ポケモンの表示サイズを修正
  • その他、バグの修正

ポケモンの表示サイズが変わったことで、レイドバトルで出現中のカイオーガのゲットチャレンジが近くなりました。

コメント

*



この記事も読まれています