【ポケモンGO】人の振り見て我が振り直せ。サーチアプリが完全に死亡して醜態を晒しているトレーナーたちの叫び

【ポケモンGO】人の振り見て我が振り直せ。サーチアプリが完全に死亡して醜態を晒しているトレーナーたちの叫び

現在のポケモンGOは新型コロナウイルスの世界的な影響により下記の特別仕様でゲームがプレイ可能となっています。

  • EXレイドバトルへの招待は中止になっています。
  • ジムやポケストップに触れられる距離が通常の2倍。
  • 1日で最初に捕まえたポケモンのデイリーボーナスが通常の3倍。
  • ギフトの所持数が20個に、さらにギフトを開封できる数が30個まで増加。
  • 「おこう」の効果時間が1時間に延長。
  • 「ふかそうち」の距離が1/2に。
  • ポケストップからのギフトの排出率がアップ。
  • 野生のポケモンの出現率がアップ。

MagicalGOや1秒マップといった、いわゆるサーチアプリがポケモンの情報を表示できずに停止状態となっています。それに対してアプリの開発者は復旧にあたっているようですが、まるでそのアプリの大株主かのような口調で文句を言っている勘違いユーザーもチラホラいたので、ちょっと集めてみました。

こんな大人にはなっちゃだめ!

めっ!




ページコンテンツ

ツイートたち

さいごに

非公式ツールが使えなくなってその開発者に文句を言うのはお門違いですので、しっかりと大人らしい行動をしましょう。

コメント

*



この記事も読まれています