新感覚イヤホンのambie wireless earcuffsを使ってみたレビュー

新感覚イヤホンのambie wireless earcuffsを使ってみたレビュー

「聴きながら聞こえる」イヤホンのambie<アンビー>からBluetoothで接続可能なワイヤレスタイプ、ambie wireless earcuffs<アンビー ワイヤレスイヤーカフ>が2018年4月5日に登場したので早速使ってみましたよ。

待ってたんだ、君を。




ambieってなあに?

ambieは耳を塞がないタイプの新感覚イヤホンです。従来のイヤホンのようにイヤーチップを耳の中に入れないので長時間の着用でも耳の負担になりません。
イヤホンは使うときには「付ける」、誰かと喋るときや使わないときは「外す」、ということが当たり前でしたが、これは周囲の音が聞こえるので「ずっと付けっぱなし」を提案しています。

これは面白いですよね。

ambie wireless earcuffsのここが良い

ぼくはフィリップスのTX2BTを使っているんですけど、これはカナル型なので周囲の音が聞こえなかったんですね。カナル型は耳を密閉するので音楽は良く聴けるんですけど、周囲の音が全然聞こえないので車が近づいているときでも気づかないことが多くて危なかったんです。その点、このambieは周囲の音が聞こえるので、外でも音楽を楽しむことができます。

かなりシンプルなワイヤレス

従来のambieはイヤホンジャックに差し込む有線タイプでしたが、ambie wireless earcuffsはBluetoothで接続するワイヤレスタイプなのでコードのゴチャゴチャ感もありませんし、新しいiPhoneなどイヤホンジャックが無いデバイスでも使えます。

ちなみにマイクも付いているので電話もできますよ。

なんせ外れない

激しい運動をしても外れません。っていうか本気で外す気にならないと外れません。これはスポーツするときと普段でイヤホンを変えてる人には良いですね。

やたら軽い

長時間付けていることを提案しているだけあって本体は27gとめっちゃ軽いです。
さらにネックバンドタイプになっているので、10分もすれば付けていることを忘れるくらいです。

ambie wireless earcuffsのここがダメ

良いとこだけを紹介したいんですが、やはり一長一短がありまして、良くないところもありました。

音質は弱め

感覚的には「自分だけに聞こえるBGM」みたいな感じなので、集中して音楽を聴くことには向いていません。またミドルが強く音の帯域も狭いので「オレはいつでもドンシャリで聴いてるんだぜー!ヒャッハー!」っていう人には絶対に向いていません。あくまで音楽をカジュアルに楽しみたい人向けのアイテムです。

音質について公式ではソニーの技術がどーのこーと書いてありましたが、2,000円くらいの良くわからないイヤホンと大差ないです。

デバイスのイコライザーで調整しても限界があるので、ここは諦めましょう。

遅延がある

これはambie wireless earcuffsに限ったことではないんですけど、Bluetoothで接続しますので若干の遅延もあります。映像と音楽の音ズレが命取りになるリズムゲームをやっているときはかなりストレスになると思います。

なんせ付けにくい

片手で付けるのはかなり難しいです。サッと付けてサッと外せる感じではありません。朝に装着したらそんな頻繁に着脱することはないと思うんですけど、そこはケースバイケースなので、ストレスに感じる人も多いかと思います。

さいごに

ambie wireless earcuffsは「プライベートスピーカー」と謳っているだけあって周囲の音を聞ける今まで無かったイヤホンです。長時間付けてても苦にならない軽さも魅力ですので、外で音楽を聴く人にはおすすめですよ!

  • 販売価格:¥ 12,960
  • メーカー:ambie
  • 販売者:ambie株式会社



この記事も読まれています

最近の投稿

コメント

*