【ポケモンGO】CP調整と第4世代追加でジムはどう変わった?最適なジム攻撃パーティーの組み方

【ポケモンGO】CP調整と第4世代追加でジムはどう変わった?最適なジム攻撃パーティーの組み方

2018年11月15日にポケモンのCPが調整され第4世代のポケモンもいくつか登場しましたが、以前のジムより何か変わったでしょうか?

今は第4世代が追加されている最中で絶妙な時期ですが、2018年11月現在のジムを攻撃するのに使えるアタッカーパーティーの組み方を考えていきましょう!

基礎的な考えができれば無駄にきずぐすりを消費することも減りますよー!




ジムを防衛している主なポケモン

防衛されているポケモンはだいたいこのような感じになっています。

ポケモン タイプ 弱点
ハピナス ノーマル かくとう
ラッキー ノーマル かくとう
ケッキング ノーマル かくとう
トゲキッス フェアリー / ひこう でんき、こおり、どく、いわ、はがね
ドサイドン じめん / いわ みず、じめん、こおり、くさ、はがね、かくとう
エーフィ エスパー むし、ゴースト、あく
メタグロス はがね / エスパー ぼのお、じめん、ゴースト、あく
サーナイト エスパー / フェアリー どく、はがね、ゴースト

ハピナスやラッキーなどはまだジムの最前線へ置かれることが多く、第4世代が追加された現在もあまり変化はありません。
ただ、トゲキッスやドサイドンという第4世代のポケモンも少し見かけることができましたので、少し変わりつつあるのかなーという感じですね。

正しい攻撃パーティの組み方はこれだ!

攻撃パーティーはジムで防衛されているポケモンをタイプ別に集計して、それらに合わせた攻撃ポケモンを選出するのがセオリーです!

たぶん!

2018年11月時点ではかくとう、ゴースト、はがねをメインにしていくのがおすすめです。弱点を突ける攻撃ポケモンでのおすすめは下記の通りとなりますよ。

ポケモン タイプ わざ1 わざ2
カイリキー かくとう カウンター ばくれつパンチ
ゲンガー ゴースト したでなめる シャドーボール
メタグロス はがね バレットパンチ コメットパンチ

これが正統派のメインパーティーです。かくとうのカイリキーを3体、ゴーストのゲンガーを2体、はがねのメタグロスを1体に構成するとバランス良くなるかもしれません。

また、相手がサーナイトの場合はゲンガーではなくメタグロスにチェンジすることでクールに戦えると思います。

ゲンガーの「したでなめる」とメタグロスの「コメットパンチ」は限定技

ゲンガーの「したでなめる」とメタグロスの「コメットパンチ」は現在入手することができません。持っていない場合はゲンガーは「たたりめ」で、メタグロスは「ラスターカノン」でいきましょうー!

かくとうはキノガッサもおすすめ

かくとう=カイリキーみたいな感じが否めませんが、そろそろカイリキーを卒業したいならキノガッサがおすすめです。HPと防御力はカイリキーよりも低めですが、攻撃力はカイリキーよりも高い241ですので、テクニックに自信のあるトレーナー向けですね!

ゴーストはジュペッタもおすすめ

攻撃力はゲンガーに追いつけませんが、HPと防御はゲンガーよりも高めになっているジュペッタがおすすめです。「たたりめ」と「シャドーボール」というゲンガーと同じ技を覚えるので、この機会にぜひ使ってみましょう!

はがねはハッサムもおすすめ

ストライクから進化するハッサムはくさタイプの印象があるかと思いますが、実ははがねタイプの技も覚えます。技は「バレットパンチ」と「アイアンヘッド」という組み合わせで、はがねのハッサムを育成してみても良いかもしれませんね!

空きがあればサブパーティーも作っておこう!

バトルパーティーに空きがあればサブパーティーも作っておきましょう。サブパーティーには攻撃力の高いカイリューかボーマンダかレックウザのドラゴンタイプを入れましょう。
ドラゴンタイプはこおり、ドラゴン、フェアリーが弱点になりますが、それ以外であれば攻撃力も防御力も高いのである程度のゴリ押しが可能ですよ。

というわけで、考えてバトルパーティーを組むことで今以上に楽しめると思うので、ぜひ参考にしてみてくださいー!



この記事も読まれています

最近の投稿

コメント

*