【ポケモンGO】13回目、1月と2月は三鳥と三犬に「ルギア」と「ホウオウ」が追加に!

【ポケモンGO】13回目、1月と2月は三鳥と三犬に「ルギア」と「ホウオウ」が追加に!

2018年12月から第1世代と第2世代の準伝説ポケモンがフィールドリサーチに登場していましたが、2019年1月2日からは「ルギア」と「ホウオウ」がプラスされて、合計8匹のポケモンが大発見に登場します。

さらに伝説のポケモンと出会えるフィールドリサーチは2ヶ月間に延長されて、2019年3月1日まで続きますよ。

1月と2月の「フィールドリサーチ」はチャンスがいっぱい!

2019年最初の「フィールドリサーチ」は、「大発見」達成のチャンスが2月の終わりまで続きます!

日本時間の2019年1月2日(水)からは、「大発見」達成で出会えるポケモンに「ルギア」と「ホウオウ」が加わります!

また、12月のフィールドリサーチが終わっていなくても、1月2日(水)以降も引き続き「フリーザー」「サンダー」「ファイヤー」「ライコウ」「エンテイ」「スイクン」に出会うチャンスはまだあります。この8体の伝説のポケモンたちは、2月の終わりまで「大発見」達成で出会うことができます。

詳細は以下のとおりです:

[日時]
– 日本時間2019年1月2日(水) 早朝から3月1日(金)まで

[概要]
– これまで人気だったおなじみの「フィールドリサーチタスク」が再登場!

[ボーナス]
– 「フリーザー」「サンダー」「ファイヤー」「ライコウ」「エンテイ」「スイクン」「ルギア」「ホウオウ」が「大発見」で登場!

どのポケモンと出会えるかは、実際に冒険に出てからのお楽しみです!




何かの陰謀か、それとも…

誰かの陰毛か…。というわけで、Nianticも血迷ったのか、8匹の伝説ポケモンをフィールドリサーチの大発見でランダムで入手できるようになるようです。

8週間で8匹なので欲しいポケモンに出会える確率にも悪くはないですが、それでもスイクンが連続して出てしまうかも…という不安は隠せません。

スイクンはダメ、ぜったい。

色違いが実装されているのは5匹

このフィールドリサーチで色違いが実装されているのは、サンダー、ファイヤー、フリーザー、ルギア、ホウオウの5匹となります。

大発見からも色違いのポケモンは出現しますが確率はかなり低いので、もし色違いが手に入ったとしたら「1年分の運を全て使った」と思ってください。

それくらい運が良くないと手に入りません。

いや本当に。

というわけで、毎日フィールドリサーチをクリアして1年の運試しをしてみましょうー!

うっひょー!



この記事も読まれています

コメント

*