ポケモンGOにも実装してほしい!Ingressに搭載されている便利な機能

ポケモンGOにも実装してほしい!Ingressに搭載されている便利な機能

ポケモンGOと同じような位置情報ゲーム、Ingress<イングレス>をプレイしてて「ポケモンGOでもできたらなー」という便利な機能があったので、それをご紹介しますよー。

Ingressもバージョンアップを繰り返して機能の追加を行っていますので、いずれポケモンGOに追加される機能もある…かも?




Ingressってなあに?

Ingressは2013年にリリースされた位置情報ゲームです。プレイヤーはエキゾチックマターという未知の物質を巡って、エキゾチックマターをガンガン使って未来に役立てようぜ!という「エンライテンド」と、エキゾチックマターは危ないかもしれんから慎重に扱おうぜ!という「レジスタンス」の2つの派閥に分かれて戦いを繰り広げる陣取りゲームです。

みんな大好きWikipediaにはIngressの展望についても書かれています。

プレイヤーが申請してきた世界各地の「ポータル」に関するデータベースを、別の企業やクリエイターに開放し、ゲームや教育など様々なアプリケーションやサービスを開発してもらうことを考えている

そのIngressのデータベースを利用して作られた初めてのゲームが、ポケモンGOですね。

IngressとポケモンGO

IngressにはポケモンGOと似たようなものがあり、それぞれ名称が違います。まぁ違うゲームなんで当たり前なんですけどね。

こんな感じです。

Ingress ポケモンGO
ポータル ポケストップ / ジム
エージェント トレーナー
ハック ポケストップを回す

どちらにも共通しているものは、エンドユーザーからの課金要素が少ないということです。どちらも課金アイテムはありますが、課金アイテムを使ってもレベルがちょー上がってちょー強くなることはありません。

行動こそがすべてです。

Nianticはスポンサー契約を行っている企業からお金を貰うことで運営していて、エンドユーザーは契約している企業にお金を使うことで成り立っています。

Intel Map

Ingressには世界中の勢力が分かるインテルマップというものがあります。Googleマップをベースに作られたインテルマップは「アノマリー」などのイベント時に作戦を立てやすくなります。
Ingressはイベントでの勝敗によりゲームのストーリーに影響を与えるので、このインテルマップはイベントを攻略する上でかなり役に立つと思います。

ポケモンGOではゲームシステム的には要りませんけど、公式のマップがローンチされたら旅行などの計画も楽しくなるかもしれませんね!

インテルマップでは歌舞伎町の様子などももちろん見れますよ。

COMM

Ingressには「誰がいつどのポータルをどうしたか」というアクティビティや、陣営同士の作戦会議などにも使えるチャットツールがあります。
ポケモンGOでは特に田舎で「10:00開始のレイドやりませんか?」みたいなメッセージが送れるとレイドパスを無駄にすることも無いんですけど、リテラシーの無いプレイヤーも少なからず居るので、しばらくは実装されなさそうですねー。

MOD

ポケモンGOではポケストップに使える「ルアーモジュール」というアイテムがありますが、Ingressではより多くのモジュールが存在します。ひとつのポータルには最大で4つのモジュールが使えるので、ポータルの存在意義が顕著に出ますね!

ポケストップに使えるモジュールが1種類だけっていうのもどうかと思うので、もう少し種類が増えても良いような気がします。

リカージョン

リカージョンはIngressの最高レベル16のエージェントが行える「リセット」です。メダルや実績などは引き継げますが、エージェントはレベル1からの再スタートとなります。
2019年3月現在、ポケモンGOでは最高レベルが40のまま何もできないので、リカージョンできたらリリース直後の新鮮な気持ちで楽しめるかもしれませんね!

ミッション

Ingressではエージェントがミッションを作ることができます。ミッションは地域に密着したものが多く「歴史のある寺を巡る」とか「並木道を歩く」なんてものがあります。ミッションにはクリアに必要な時間や距離だけでなく、達成後のメダルなども用意されています。

ポケモンGOは「外を歩け!さぁ歩け!」と言ってるわりに「歩くきっかけ」があまりないので、地域に特化した誰でもプレイできるカジュアルなミッションがあればもっと楽しめますね!

さいごに

というわけで、IngressとポケモンGOのシステムの違いを紹介しました。ポケモンGOには今後もたくさんの機能が追加されていくと思いますので、楽しみに待っておきましょうー!

コメント

*



この記事も読まれています