【ポケモンGO】ポケストップ申請が可能に!「Niantic Wayfarer」の審査と申請が日本でも始動!

【ポケモンGO】ポケストップ申請が可能に!「Niantic Wayfarer」の審査と申請が日本でも始動!

2019年11月14日、世界中のポケモンGOトレーナーにポケストップの申請と審査ができる「Niantic Wayfarer」が解禁となりました。

ポケモンGOではトレーナーレベル40で申請することが可能となっています。




ポケストップの申請

ポケストップはレベル40のトレーナーのみが申請することができます。申請するとNiantic Wayfarerで審査され、条件を満たしたものがポケストップとして新たに設置されるようになります。

Niantic Wayfarerの審査員になるには、下記からテストを受けて合格しないといけません。

GoogleアカウントかFacebookアカウントが必要となりますよ。

ポケストップの審査基準

ポケストップに申請できるものは史跡や寺院、ランドマークとなっているものに限られます。極端なことを言えば「旧江戸川乱歩邸」は審査に通るかもしれませんが、どこそこの「山田さんの家」みたいなものは審査に通りません。

下記の内容に関するものは申請が却下されるようです。

  • 歩いて行くことができない場所。 ポケストップ候補は、歩いて行ける場所にある事が大前提です。安全な歩道が確保されていない場合、たとえそれがポケストップとして価値があると思われるものであっても申請は却下されます。
  • 個人の住宅およびその敷地
  • 消防署、警察署、病院の業務に支障をきたすおそれがある場所
  • 幼稚園や保育園、および、小中高校の敷地内にあるもの
  • 景観や山、滝といった自然の風景 (ただし関連する看板、標識などの人工物は申請可能です)
  • 1 年のうち特定の期間に設置されているもの (季節的な展示など)
  • 成人向けの店舗やサービス (酒屋、成人向けエンターテイメント、射撃場、銃器店など)

申請にふさわしいポケストップについては、下記のサポートから確認してみましょう!

コメント

*



この記事も読まれています