ambieの完全ワイヤレス「AM-TW01」を使ってみたレビュー

ambieの完全ワイヤレス「AM-TW01」を使ってみたレビュー

こんにちは。さしだくうき(@my13ootleg)です。

「ながら聴き」という新しいジャンルを生み出したambie<アンビー>から、新たなプロダクトとなる完全ワイヤレスタイプの「AM-TW01」が登場したので使ってみました。

完全ワイヤレスのAM-TW01が予約開始されたのは2021年6月10日、ぼくは2021年6月12日にホワイトを予約しましたがコロナ禍の情勢でうまくいかずに遅延しまくり、届いたのは2021年9月30日でございました。

これはめっちゃ嬉しくてテンション上がったんですけど、まさかの片耳しかペアリングできないという不具合があったので、その解決方法もページ最後らへんに載せています。もし「不具合かな…?」って思ったら見てみてくださいねー。

ambieってなあに?

ambie<アンビー>はイヤーカフタイプのヘッドホンを作っているメーカーです。SONYでイヤホンとかヘッドホンの開発に携わっていた三原良太さんが代表で、ambieは「SONY」としてではなく新たなプロダクトを生み出すスタートアップとして2017年に誕生しました。

SONYはノイズキャンセリングを行って周囲の音を完全にシャットアウトすることに重きを置いていますが、ambieはその真逆で、周囲の音に馴染ませて音楽を取り込むという「ながら聴き」を提案しています。

イヤホンではないイヤーカフ型

イヤーピースを耳に直接入れるイヤホンは、長時間使用していると蒸れたり痛くなったりしますが、それを完全に解決したのがイヤーカフタイプです。イヤーカフは耳に何も入れないため、蒸れることも痛くなることもありません。

実際に使ってみると周囲の音は普通に聞こえて、イヤーカフからは音楽が聴こえるので「自分だけに聞こえるBGM」のようなイメージですかねー。あとイヤーピースを着けてるときの何とも言えない閉塞感もありません。

IPX5の防塵防水仕様

IPX5の防塵と防水に対応しています。…って言っても非常に分かりにくいんですが、IPX5となると「かなりの大雨の中で使ってもだいじょうぶ」相当なので、台風の中で大雨に打たれながら音楽を聴いてもだいじょうぶです。ただ、「浸水」はだめなのでプールや海の中では使えません。スポーツなら水泳以外に対応していますね!

連続再生時間は6時間

連続再生時間が6時間って2021年の製品としてはまぁ普通なんですけど、「普通」まで及ばない製品って結構ありますからね。ケースがバッテリーになっていて充電できるようになっているのでケースの充電を含めると24時間使用できます。

片耳でも使用可能

これはめっちゃ良いなーって思いました。左右どちらにもマイクがあるため、片耳でも使用可能です。また、左右どちらも同じ形状なので、右用を左耳で使うとか、左用を右耳で使うとかもできます。

例えば片方の耳しか聞こえないなどの障害を持つ人にも使えるのは嬉しいユーザーが多いと思いますよ。

AM-TW01のここがダメ

では、ダメって言うか、もうひとがんばりして欲しかったところも書いていきます。

ケースがショボい

大切なイヤーカフの充電をするケースがショボいです。「3Dプリンタで作ったのかなー」って思ったくらいショボいです。充電ケースなのに落下させたら壊れそうで怖いので、次回はそういったことまで気を使ってくれると良いのになー。

物理ボタンが超絶分かりにくい

タッチボタンが多い昨今ですが、AM-TW01は物理ボタンを採用しています。公式には「首元や手が触れやすい部分のため、誤作動防止のためにメカニカルスイッチを採用」と書いてありますが、突起があるわけでもないし質感が違うわけでもないので、どこが押せるのか分かりにくいです。

いや、確かに押すと「カチッ」と押してる感じがあるので物理ボタンの安心感がありますけど、そもそも押しやすくして欲しかったよ。

不具合が出たときのトラブルシューティング

もし、届いたAM-TW01に「ペアリングできない」や「左右どちらかしか聞こえない」などの不具合が出たらリセットを試しましょう。リセットとは、製品を工場出荷状態に戻すことで初期化するための動作です。

ちなみにこのリセット方法は説明書に書いてありません。ぼくは製品が届いた初日から「片方しかペアリングできない」という不具合がありまして、公式に問い合わせたらリセット方法を教えてくれて解決しました。

まずはペアリングを削除する

まずは、1回でもスマートフォンでペアリングしたことがあるなら、スマートフォンのペアリング履歴を削除しましょう。以下はAndroidで説明しています。

通知センターからBluetoothをロングタップします。見つからなければ設定からBluetoothを探してください。

Bluetoothで繋がっているデバイスが表示されるので、ギアアイコンをタップ。

ゴミ箱のアイコンをタップして、ペアリングしていたデバイスを削除します。

AM-TW01をリセットする

両方を充電ケースから取り出し、左のボタンを連続で5回押します。1秒くらいで点滅が消えるので、次に右のボタンを連続で5回押します。こちらも1秒くらいで点滅が消えます。

充電ケースに戻して蓋を閉じ、10秒くらい待ってから蓋を開けると完了です。

あとはスマートフォンやパソコンでペアリングしましょう。

さいごに

以前発売されていたwireless earcuffsも愛用してたんですけど、それのメリットだけを継承した本当にめっちゃ良い製品になってました。充電もUSB-Cで、届けられた箱は紙製という時代にもかなりマッチしたものになってます。

2021年10月現在は公式サイトからのみ購入が可能となっていますが、量産されれば楽天市場やAmazonなどでも購入できるようになると思います。

購入は下記からどんぞ!

コメント

*

この記事も読まれています