【Ingress】ウクライナのフィールドアート「NO WAR」が京都に登場 #京都・キエフ姉妹都市提携50年

【Ingress】ウクライナのフィールドアート「NO WAR」が京都に登場 #京都・キエフ姉妹都市提携50年
  • 今週の土曜日はファーストサタデーが開催されます。参加はFev GamesのFirst Saturday Event Mapからどうぞ。
  • ただいまファーストサタデーが開催中です。参加はFev GamesのFirst Saturday Event Mapからどうぞ。
  • 今週の日曜日はセカンドサンデーが開催されます。6個以上の異なるミッションをクリアするとSecond Sundayのメダルがカウントアップします。
  • 23:59までセカンドサンデーが開催中です。6個以上の異なるミッションをクリアするとSecond Sundayのメダルがカウントアップします。
  • 11月22日1:59まで10周年記念イベントが開催中。全アクションのAPが2倍です。
  • 11月29日1:59までエピファニードーンアノマリーのフェーズ2が開催中です。
  • 11月30日23:59までIWWC 2022が開催中です。
  • 今週の土曜日はファーストサタデーが開催されます。参加はFev GamesのFirst Saturday Event Mapからどうぞ。
  • ただいまファーストサタデーが開催中です。参加はFev GamesのFirst Saturday Event Mapからどうぞ。
  • 今週の日曜日はセカンドサンデーが開催されます。6個以上の異なるミッションをクリアするとSecond Sundayのメダルがカウントアップします。
  • 23:59までセカンドサンデーが開催中です。6個以上の異なるミッションをクリアするとSecond Sundayのメダルがカウントアップします。
  • 2022年最新のパスコードを随時更新中です。
  • 今週の土曜日はファーストサタデーが開催されます。参加はFev GamesのFirst Saturday Event Mapからどうぞ。
  • ただいまファーストサタデーが開催中です。参加はFev GamesのFirst Saturday Event Mapからどうぞ。
  • 今週の日曜日はセカンドサンデーが開催されます。6個以上の異なるミッションをクリアするとSecond Sundayのメダルがカウントアップします。
  • 23:59までセカンドサンデーが開催中です。6個以上の異なるミッションをクリアするとSecond Sundayのメダルがカウントアップします。
  • クァンタムカプセルの廃止に伴い、キネティックカプセルの距離が1/2になっています。
  • 今週の土曜日はファーストサタデーが開催されます。参加はFev GamesのFirst Saturday Event Mapからどうぞ。
  • ただいまファーストサタデーが開催中です。参加はFev GamesのFirst Saturday Event Mapからどうぞ。
  • 今週の日曜日はセカンドサンデーが開催されます。6個以上の異なるミッションをクリアするとSecond Sundayのメダルがカウントアップします。
  • 23:59までセカンドサンデーが開催中です。6個以上の異なるミッションをクリアするとSecond Sundayのメダルがカウントアップします。
  • 今週の土曜日はファーストサタデーが開催されます。参加はFev GamesのFirst Saturday Event Mapからどうぞ。
  • ただいまファーストサタデーが開催中です。参加はFev GamesのFirst Saturday Event Mapからどうぞ。
  • 今週の日曜日はセカンドサンデーが開催されます。6個以上の異なるミッションをクリアするとSecond Sundayのメダルがカウントアップします。
  • 23:59までセカンドサンデーが開催中です。6個以上の異なるミッションをクリアするとSecond Sundayのメダルがカウントアップします。
  • 2023年最新のパスコードを随時更新中です。

ロシアのウクライナ侵攻へ世界的な批判が集まる中、ウクライナの首都キエフの姉妹都市である京都市に「NO WAR」のフィールドアートが登場しました。

キエフと京都の関係

ウクライナの首都であるキエフと京都府京都市は、1971年9月に姉妹都市提携を行い、30周年には記念のコンサートが催されたり50周年には記念切手の発行なども行われ友好的な関係を築いてきました。

ロシアの侵攻が始まった2022年2月24日には京都市の門川市長が平和を願うコメントを発表しています。

より詳しい内容は下記の京都新聞の記事を参照ください。

2022年2月現在、ロシアとウクライナは依然として緊迫した状況となっていますが、平和的解決を願います。

コメント

*

この記事も読まれています