【Ingress】レベル1のレゾネーターを40本生成できるキネティック分解プログラムが利用可能に

【Ingress】レベル1のレゾネーターを40本生成できるキネティック分解プログラムが利用可能に
  • 今週の土曜日はファーストサタデーが開催されます。参加はFev GamesのFirst Saturday Event Mapからどうぞ。
  • ただいまファーストサタデーが開催中です。参加はFev GamesのFirst Saturday Event Mapからどうぞ。
  • 今週の日曜日はセカンドサンデーが開催されます。6個以上の異なるミッションをクリアするとSecond Sundayのメダルがカウントアップします。
  • 23:59までセカンドサンデーが開催中です。6個以上の異なるミッションをクリアするとSecond Sundayのメダルがカウントアップします。
  • 11月22日1:59まで10周年記念イベントが開催中。全アクションのAPが2倍です。
  • 11月29日1:59までエピファニードーンアノマリーのフェーズ2が開催中です。
  • 11月30日23:59までIWWC 2022が開催中です。
  • 今週の土曜日はファーストサタデーが開催されます。参加はFev GamesのFirst Saturday Event Mapからどうぞ。
  • ただいまファーストサタデーが開催中です。参加はFev GamesのFirst Saturday Event Mapからどうぞ。
  • 今週の日曜日はセカンドサンデーが開催されます。6個以上の異なるミッションをクリアするとSecond Sundayのメダルがカウントアップします。
  • 23:59までセカンドサンデーが開催中です。6個以上の異なるミッションをクリアするとSecond Sundayのメダルがカウントアップします。
  • 2022年最新のパスコードを随時更新中です。
  • 今週の土曜日はファーストサタデーが開催されます。参加はFev GamesのFirst Saturday Event Mapからどうぞ。
  • ただいまファーストサタデーが開催中です。参加はFev GamesのFirst Saturday Event Mapからどうぞ。
  • 今週の日曜日はセカンドサンデーが開催されます。6個以上の異なるミッションをクリアするとSecond Sundayのメダルがカウントアップします。
  • 23:59までセカンドサンデーが開催中です。6個以上の異なるミッションをクリアするとSecond Sundayのメダルがカウントアップします。
  • クァンタムカプセルの廃止に伴い、キネティックカプセルの距離が1/2になっています。
  • 今週の土曜日はファーストサタデーが開催されます。参加はFev GamesのFirst Saturday Event Mapからどうぞ。
  • ただいまファーストサタデーが開催中です。参加はFev GamesのFirst Saturday Event Mapからどうぞ。
  • 今週の日曜日はセカンドサンデーが開催されます。6個以上の異なるミッションをクリアするとSecond Sundayのメダルがカウントアップします。
  • 23:59までセカンドサンデーが開催中です。6個以上の異なるミッションをクリアするとSecond Sundayのメダルがカウントアップします。
  • 今週の土曜日はファーストサタデーが開催されます。参加はFev GamesのFirst Saturday Event Mapからどうぞ。
  • ただいまファーストサタデーが開催中です。参加はFev GamesのFirst Saturday Event Mapからどうぞ。
  • 今週の日曜日はセカンドサンデーが開催されます。6個以上の異なるミッションをクリアするとSecond Sundayのメダルがカウントアップします。
  • 23:59までセカンドサンデーが開催中です。6個以上の異なるミッションをクリアするとSecond Sundayのメダルがカウントアップします。
  • 2023年最新のパスコードを随時更新中です。

アースデイ 2022のイベントで、キネティック分解プログラムが利用できていましたが、レベル8のレゾネーターを5本利用してレベル1のレゾネーターを40本生成するプログラムが、イベント終了後も引き続き利用可能となっています。

これはアースデイイベント期間に全体の3%がこのプログラムを利用したことで、利用率の高いプログラムだとして継続が決定したようです。

キネティック分解プログラムってなあに?

キネティック分解プログラムとは、レア度の高いアイテムを使用してレア度の低いアイテムを生成できるキネティックカプセルのプログラムです。2022年のアースデイイベントで初めて利用できるようになりました。

コメント

*

この記事も読まれています