【Ingress】キテラの学び入門

【Ingress】キテラの学び入門
  • 今週の土曜日はファーストサタデーが開催されます。参加はFev GamesのFirst Saturday Event Mapからどうぞ。
  • ただいまファーストサタデーが開催中です。参加はFev GamesのFirst Saturday Event Mapからどうぞ。
  • 今週の日曜日はセカンドサンデーが開催されます。6個以上の異なるミッションをクリアするとSecond Sundayのメダルがカウントアップします。
  • 23:59までセカンドサンデーが開催中です。6個以上の異なるミッションをクリアするとSecond Sundayのメダルがカウントアップします。
  • 2022年05月17日0:59までウエサクデーイベントが開催中です。
  • 2022年5月23日19:59までキテラアノマリーイベントのフェーズ2が開催中です。
  • 17:29までキテラアノマリーのアノマリーが発生中です。「NIASection14」からデプロイされるバトルビーコンのバトルに参加しましょう!
  • 2022年6月7日0:59までEosインプリントイベントが開催中です。特定のアクションでポイントを集めてメダルを入手しましょう。
  • 6月に開催されるキテラアノマリーフェーズ3の開催地を募集中です。Kythera Site Application: 2022 May & Juneから登録できます。
  • 今週の土曜日はファーストサタデーが開催されます。参加はFev GamesのFirst Saturday Event Mapからどうぞ。
  • ただいまファーストサタデーが開催中です。参加はFev GamesのFirst Saturday Event Mapからどうぞ。
  • 2022年6月22日0:59まで夏至イベントが開催中です。期間内に300,000XM以上のリチャージをしてメダルを入手しましょう!
  • 2022年6月27日19:59までキテラアノマリーイベントのフェーズ3が開催中です。
  • 17:29までキテラアノマリーのアノマリーが発生中です。「NIASection14」からデプロイされるバトルビーコンのバトルに参加しましょう!
  • 今週の日曜日はセカンドサンデーが開催されます。6個以上の異なるミッションをクリアするとSecond Sundayのメダルがカウントアップします。
  • 23:59までセカンドサンデーが開催中です。6個以上の異なるミッションをクリアするとSecond Sundayのメダルがカウントアップします。
  • パスコード一覧を随時更新中です。

クレーゼ効果とキテラアノマリーのまとめ記事、Kythera Lore Primer — Ingress Primeを意訳したものです。

誤訳があればコメントから教えて頂けるとありがたいです。

クレーゼ効果

1980年代に南アフリカの反アパルトヘイト指導者、ネルソン・マンデラが獄中で亡くなったという報道を詳細に記憶している人たちの証言が話題になっていましたが、実際には2013年12月5日にヨハネスブルグの自宅で家族に囲まれて逝去しました。2009年、作家のフィオナ・ブルームはこの現象をマンデラ効果と名付け、この異常は代替現実によって引き起こされているのではないかと推測し、「それは日常生活における量子力学の証拠かもしれない」と語りました。

2022年のQ1、我々は多次元研究者である「K」とファーストコンタクトをとりました。彼らはこれらの代替記憶は、我々がその瞬間にどの現実を訪れているかを示すマーカーまたはウェイポイントであると信じているようでした。

2013年4月のナイアンティックプロジェクト終了後、ヴィクトリア・クレーゼ博士が亡くなったという報道を読んだ記憶があったので、私はこれを「クレーゼ効果」と呼んでいるのですが、多くの方は全く違う記憶をしているようです。正直なところ、ヴィクトリア・クレーゼ博士の存在は私を混乱させました。そして、その糸を引っ張れば引っ張るほど、より多くの誤った記憶が浮かび上がってきたのです。「Jell-O」は「Gell-O」ではなく、「Berenstain Bears」は「Berenstein Bears」ではない。次は、ダース・ベイダーが「ルーク、私がお前の父だ」という台詞を言わないと言い出すのかも。

I called it the Kureze Effect because I remember reading reports of Dr. Victor Kureze’s death after the Niantic Project shut down in April 2013, while so many of you seem to misremember things very differently. Not going to lie; Dr. Victoria Kureze threw me for a loop. And the more I tugged on those loose threads, the more false memories I uncovered: Jell-O gelatin, not Gell-O gelatin. Berenstain Bears, not Berenstein Bears. The next thing you’re going to try and tell me is that Darth Vader never says the line, “Luke, I am your father.”

クレーゼ効果のアノマリーシリーズの勝利により、「K」は最終的にエンライテンドに加わることにしましたが、両陣営のエージェントにキテラのメカニズムの調査に協力するよう要請しました。

キテラ

アンティキティラ島の機械は、存在しないはずの古代のコンピューターです。専門家たちは、それが将来の天文学的位置を数十年前に予測するために使用されていたと考えています。また、このようなコンピューターはギリシャの科学者によって設計、製作された唯一のものであるはずがないと考えています。

アンティキティラ島の沖合で1901年に難破した船から回収された残骸の中に、アンティキティラ島のメカニズムの断片や欠片がありました。それから121年後、「K」はエージェントたちに、前代未聞でこれまで知られていなかったキテラ・メカニズムの破片を手に入れるよう依頼し、キテラアノマリーシリーズの第2期と第3期がスタートしました。

かつて、アンティキティラ島の機構は未来を予知するために使われましたが、その機構は過去を再発見するために使われるのかもしれません。クレーゼ効果で別世界の存在が示唆されましたが、どの現実が真実なのかは、どの現実にチャンネルを合わせるかによって決まります。2022年Q2、もしエンライテンドがキテラアノマリーシリーズの制御に成功すれば、「K」はキテラのメカニズムを使用してこれらの別世界を調査することになるでしょう。もしレジスタンスが勝利した場合、「K」はこの現実を守るためにそれを破壊します。

あいかわらず「K」はなぞなぞが好きなようで、キテラフェーズ1では次のように話をしていました。

私は誰だ?
投資した。監査する。作物
量子ビットでは1、量子系では2、しかしキテラでは0。
私は口がなくても話すことができる。

Who am I?
Invested. Audit. Crop
1 in a qubit, 2 in a quantum system, but 0 in Kythera.
I speak without a mouth.

K.リマのマヨール広場のwhat3words。Uの文字、Echo。LimaとEchoをNATOフォネティックコードで表すと 「K」は真実の探求者であり、ナイアンティック・プロジェクトの調査員であるKlueに向かってエージェントを指し示しているようです。

最後に、Visit Kytheraウェブサイトの下にあるこの文章は、なんという奇妙な偶然なのでしょう。

アフロディーテが生まれた牧歌的な地、キテラ島へようこそ。キテラ島は、神話と現実の境界を曖昧にする島です。アントワーヌ・ヴァトーの絵画キテラへの船出 (L’Embarquement pour Cythère)に描かれたロマンチックな構想は、3つの言葉に込められた人生の深い意味を理解するキテラの体験を生きた形で表現しているのです。愛、自然、自由。

Welcome to Kythera, the idyllic birthplace of Aphrodite. Kythira is the island that blurs the border between myth and reality. The romantic envision depicted in Antoine Watteau’s painting, The Embarkation for Cythera (“L’Embarquement pour Cythère”), is a living rendering of the Kythira experience as it grasps the deepest meaning of life that is embedded in three words: Love, Nature, Freedom.

注釈

  • シテール島への船出と同じ意味です。

原文は下記からどうぞ。

コメント

*

この記事も読まれています